北陸新幹線で移動中の楽しみ方

新幹線の参加により、地下鉄での航海が劇的に便利になりました。
都内~大阪(新大阪駅舎)を3年月10当たりで結んだのは、とっくに半世紀くらい前の話です。
なんとなく最近では、「北海道新幹線」の点創立(2016ご時世)がはやりましたが、その1ご時世前には「北陸新幹線」が開業しています。

長野~金沢日数の創立により、都心といった北陸との往来がこれまで以上に便利になりました。
因みに、北陸新幹線の道順を映像で確認すると、都内駅舎を出発した電車は、大宮駅舎(埼玉県内さいたま市)で「東北新幹線」といった分かれ、高崎駅舎(群馬県内高崎市)では「上越新幹線」とも分ける形式になっています。

高崎駅舎から安中榛名駅舎(同安中市)を過ぎると、初めて長野県内!長野県の最初の駅舎は、軽井沢駅舎(北佐久郡軽井沢街路)。
そこから、佐久平駅舎(佐久市)・上田駅舎(上田市)・長野駅舎(長野市)・飯山駅舎(飯山市)を経て、金沢を目指します。

北陸新幹線の大きな直感は、トンネルがやたら多いことだ。
高崎~金沢間には59当のトンネルがあり、しかも、行程内方の約半分はトンネルの中になるようです。
そのため、ネットがつながらないという思わぬマイナスが出てきています。
こういった不調達成のためにはトンネル内での工事が必要ですが、代価側面もあり、全面的に解決できるまでには時間が掛かるようです。

そのため、北陸新幹線での移動中は車窓から展望を眺めたり、仮眠を取ってのほほんと話したりやるコツがおすすめです。
紅葉のおすすめの一時は職場によっても異なりますが、11月に入ってからも味わえるかもしれません。
職種で移動する人も多いと思いますが、車窓から紅葉を眺めながらのちょこっと贅沢な航海はいかがでしょうか。ミュゼ博多のおすすめキャンペーンでお得に全身脱毛!